HOME>注目記事>システム建築はどのようにして建てられるの?どんなメリットがある?

システム建築が建てられる流れ

システム建築は普通の建築方法と異なり、鉄骨の柱や梁、屋根や扉などの部材は工場で作られます。あとは組み立てるだけなので短工期、低コストで建てられます。

システム構築のメリットとは?

設計ソフトを使用するので正確でスピーディ

CADを使って設計するので、スピーディで正確に設計することが出来ます。

高品質を保つことができます

使用するパーツは全てコンピューターによってライン生産されるので、高品質を保てます。

短工期で納品が可能です

パーツは全て工場で作られるので、短工期で家を建てられます。

耐久性や耐震性は抜群

耐久性や耐震性は抜群なので、安心して生活することが出来ます。

増築や併設がしやすい

建物の中に間柱が余りないので、増築や併設がしやすい。

安く早く建築できる方法

マンションの模型

システム建築と呼ばれる新しい建築方法に注目が集まっています。これはシステムという名前がついている通り、設計から施工までの過程をシステム化した手法です。建築にもシステム化の波が押し寄せていますが、この手法を用いると建築物が安く早く建てられるのです。

メリットはどこにある

作業員

システム建築では工法だけでなく使用する材料も標準化されているという特徴があります。あらかじめ材料が用意されているため、手配に手間がかかりません。では、50m規模の倉庫を建築する場合を見てみましょう。従来の建築方法では約4ヶ月かかりますが、システム建築では約3ヶ月と1カ月近く工期を短縮できます。費用面も1億円以上かかるのに対して、システム建築だと約9,500万円程度です。コストを抑えるにはシステム建築はとても優れています。

広告募集中